保健所の薬剤師として働く

薬剤師の職場はどんなところかと聞かれて想像するのは、薬に深く関係している職場ではないでしょうか。 調剤薬局やドラッグストア、病院などがそうですよね。

ですが、保健所でも薬剤師の資格を活かして働くことができるんです。あまり保健所と薬剤師と言われても結びつかない人が多いかもしれませんが、公務員として働くことができるので、公務員を目指している人も保健所への転職を目指してみましょう。

保健所の薬剤師として働く場合、地方公務員という扱いになります。地方公務員といえば、安定した収入が魅力ですよね。ただ、そのためには地方公務員試験に合格する必要があります。

実際に保健所ではどういった仕事を担当することになるのかというと、健康診断や相談、栄養指導や妊婦、乳児に対する検診などが基本的な業務です。保健所には、薬剤師だけでなく医師や看護師などの資格を持った人たちも働いているので、そういった人たちと協力しながら業務を行っていくことになるでしょう。

事務作業も多く、病院や薬局が開設されることになった場合は、書類の審査を行ったりするのも大切な仕事です。それと、職種の中には厳しい衛生管理を行わなければならないようなものもありますよね。

美容院、理容店、クリーニング店などがありますが、こういったお店を定期的に検査してまわり、問題点がないか確認をしたり、指導をしていくことも保健所で働く薬剤師の仕事です。ただ、いくら管理をしていても食中毒などが発生してしまうケースがあります。

こういった場合には速やかに適切な処置を行わなければなりません。調剤薬局や病院で働くのとは違った立場から多くの人の安全を守っていく仕事だと言えるでしょう。

保健所での仕事は地域密着型の仕事でもあります。そのため、地域の人達と話をする機会も多く、コミュニケーション能力に自信がある人でなければ難しいと思っておいたほうがいです。人と接するのが苦手という人は、調剤薬局などのほうが向いていますね。

メニュー

ページの先頭へ