国家試験の難易度と薬剤師の今後

薬剤師は国家試験への合格が必要な国家資格です。国家試験と聞くと非常に難しいような気がしますが、実は合格率は70~80%と思ったほど悪くはありません。と言っても、薬剤師国家試験の難易度が決して低いというわけではないのです。

まず、薬剤師国家試験を受験するのに必要となる薬学部への入学がなかなかの難関と言えます。比較的入学しやすいと言われる私立大学の薬学部でも10倍くらいの競争率になります。私立大学はそれ相応のお金がかかるので、国立大学の薬学部を目指す人が多いです。当然もっと高い競争率となり、薬剤師になる難易度という意味では非常に高くなります。

しかも薬学部の卒業も一筋縄ではありません。座学に加え、実験、研究、実習など臨床現場に直結する内容も多いです。それらと並行しながら国家試験の勉強をしなければならないのですから、かなりの努力が必要になるでしょう。

大学によっては独自におこなう卒業試験や国家試験対策試験に合格しなければ、薬剤師国家試験そのものを受けさせてもらえないこともあるようです。これが薬剤師国家試験の合格率を上げている要因とも言えるので、表面的な合格率だけで評価することはできない資格と言えます。

それでも、一度資格を取ってしまえば一生仕事に困らないからという人がいるかもしれません。確かに一生使える国家資格で、“今”は需要が高いと言えます。ただ近年では一部の一般用医薬品が取り扱える登録販売者という資格の創設や日本の人口減少などで絶対に安泰とも言えなくなってきています。

そうした中薬剤師として生き残っていくためには、優良なところに就職すること、認定薬剤師などより高度で専門的な資格の取得することなどが必要となってくるでしょう。すでに都市部などでは薬剤師が飽和状態にあるとされています。また6年制薬学部を卒業した若くて優秀な薬剤師がどんどん排出されることを考えると、早いうちに手を打っていたほうがよさそうです。

メニュー

ページの先頭へ