薬剤師の悩み:OTC医薬品

薬剤師には薬剤師特有の悩みがあるものです。そのひとつが「OTC医薬品」に関する悩みです。OTC医薬品とは一般用医薬品のことで、医師の処方によらず患者が薬局やドラッグストアなどで購入することができます。

医師の処方によらないため、ここでは薬剤師の果たす役割が非常に大きくなってきます。はっきりとほしい医薬品が決まっている患者もいれば、ただ漠然と症状を訴える患者もいます。

そのような中で、症状や患者の抱える問題、副作用歴などをヒアリングして最も合うと考えられるOTC医薬品を勧めることになるのです。もちろんほしい医薬品が決まっていても症状や状況によってはお勧めできないこともあります。そうした場合もわかりやすく説明して、他のものをお勧めする力が必要です。

ではこのようなOTC医薬品の取り扱いにおいて何が困るのかということです。結論からいえばOTC医薬品そのものについては問題はありません。問題は、薬剤師としてのキャリアアップを考えるとき、転職を考えるときです。薬剤師の場合「調剤技術」がキャリア評価のひとつの指標になります。調剤の経験がないと、それだけで転職の選択肢が狭くなってしまうのです。

調剤の必要がないドラッグストアだけで一生働くというのであれば問題ないかもしれません。しかし最近では大手ドラッグストアでも買収や合併が相次ぎ、また登録販売者というOTCを扱える資格も誕生指定しています。正直なところ、今はよくても20年後、30年後はどうなっているか分からないのです。そうなると早いうちにキャリアアップのことや転職の幅を考えておいた方がよいということになります。

もし今現在、調剤経験を積めないドラッグストアに勤めているのであれば早いうちに調剤経験が積める所への転職を考えたほうがよいかもしれません。調剤経験がある場合も、より多くの医薬品を扱える薬局に勤めて経験を増やす、認定薬剤師などより専門的な資格を取得すると今後のキャリアアップに役立つでしょう。

メニュー

ページの先頭へ