薬剤師は夜勤や残業が多いの?

薬剤師バイト > 薬剤師バイトは勤務時間が長い

薬剤師バイトは勤務時間が長い

薬剤師の仕事は、定時通りと思っている人も多いかもしれません。しかし実際のところはそうでないことのほうが多いです。確かに真夜中までの残業が連日続く、早朝出勤ばかりということはあまりないかもしれません。それでも実際に働いてみて、イメージと違った、なんてことは少なくないのです。
薬剤師 アルバイト

医療機関の門前調剤薬局の場合、ある程度その医療機関の開院時間に沿うことになります。休日もその医療機関の休日に従うことがほとんどでしょう。患者は医療機関でもらった処方箋を持って調剤薬局に来ることになりますから、基本的には医療機関の診察時間が終了してからもしばらくは患者を待つことになります。

連休明け、季節性のある疾患を専門とする医療機関の場合、診察時間を大幅にオーバーすることも少なくありません。たとえば春の花粉症、夏は皮膚科関連の疾患、秋から冬にかけては風邪やインフルエンザなどがその代表です。こうした患者を多く診る医療機関の門前調剤の場合、季節によっては毎日が残業と言うことも多いでしょう。

病院薬剤師の場合、夜勤が負担となることが多いようです。薬剤師の人数が充実しているところではその分の休みを取りやすいものの、人数が足りずに休みが取りにくいところがあります。また病院では研修会などが多いので、本来なら休みになるはずのところも出席しなければならないというケースがあるのです。

夜勤、休みが取りにくいと言えば、近年増えているドラッグストアも同じと言えます。最近は競争の激化などもあって24時間営業という店舗も増えているので、そこで働く薬剤師の勤務もハードになっています。ドラッグストアとなると土日祝日の休みも取りにくいですし、繁忙期は残業が続くことがあるでしょう。

どのような職業、職場にしろある程度の我慢は必要でしょう。ただあまりにもハードすぎる場合は、心身の不調をきたす前に転職を考えるのもいいかもしれません。今は正社員だけでなく働き方も様々あるので、自身のライフスタイルに応じて働き方を変えていくのもひとつの手です。